1989年型CRM250

CRM250は今はほぼ絶滅したと言っていい、
2ストローク単気筒のオフロードバイクです。
私の車歴の中でも珍しいバイクでした。
普通のロード用のバイクだと躊躇して行けない荒れた道などにも果敢に入っていける走破性があり、
良く近くのオフロードコースや林道に走りに行っていました。

CRM250はとてもパワフルで、
その有り余るパワーを制御する腕があると、
オフロードコースなどでは他を寄せ付けない走りが出来ますし、
「2ストオフロードバイクは初心者には乗りにくいのでは?」
と思われている方にも低速トルクもあり力強いのでお薦めです。
オフロードバイクの楽しさでもある林道にツーリングに行ってもCRMは最高の相棒でした。

オンロードバイクに乗った時に滑ったり、
転んだりすると結構大怪我に繋がりますが、オフロードでは出せる速度が低いこともあって、
割と大怪我をする危険が少なくバイクをスライドさせたり、
パワースライドさせてコーナリングを楽しんだり出来ます。

私が乗っていたCRMは特に欠点が見つからないですか、
強いて言えば2ストエンジンなので燃費が悪いことです。
現在の各社の新型モデルは全車種4ストロークエンジンになり、
性能も環境に優しくパワフルでCRMより楽しそうなモデルばかりです。
私は主にエンデューロレースが出来るコースが住んでいた近くにありましたので、
そこは一日中安価で走らせてくれるので、
そこによく行っていましたし、近くの山の林道にツーリングにも行きました。
冬のオフロードトレーニングはとてもお薦めです。

crm250r_1989


Comments are closed.