限定Suica(スイカ)に人気殺到

東京駅開業100周年記念で発売されたSuica。
限定1万5000枚で販売開始となったが、
当日は徹夜組まで出て東京駅は大混雑。
あまりの事態に安全を確保するとい理由で販売中止となった。

問題なのは事前に徹夜で並ぶことを禁止していたのも関わらず、
当日は徹夜組に販売してしまったJR側の対応だ。
結果としてルールを守らなかった人が購入でき、
ちゃんとルールを守って始発で到着した人には販売されなかった。
これでは買えなかった人が駅員に抗議するのも仕方ない。

その後JR東日本は希望者全員に限定Suicaを販売すると発表。
しかし全員に販売してしまっては限定アイテムの価値がない上、
販売時期が未定であることから、
既に販売されたSuicaがオークションで高値で落札されている。

JRといえば先日も新幹線50周年記念銀貨を販売し、
こちらも予想を遥かに上回る申込み数があり抽選販売に。
結果として倍率11倍越えのレアアイテムとなった。


Comments are closed.