1989年型CRM250

CRM250は今はほぼ絶滅したと言っていい、
2ストローク単気筒のオフロードバイクです。
私の車歴の中でも珍しいバイクでした。
普通のロード用のバイクだと躊躇して行けない荒れた道などにも果敢に入っていける走破性があり、
良く近くのオフロードコースや林道に走りに行っていました。

CRM250はとてもパワフルで、
その有り余るパワーを制御する腕があると、
オフロードコースなどでは他を寄せ付けない走りが出来ますし、
「2ストオフロードバイクは初心者には乗りにくいのでは?」
と思われている方にも低速トルクもあり力強いのでお薦めです。
オフロードバイクの楽しさでもある林道にツーリングに行ってもCRMは最高の相棒でした。

オンロードバイクに乗った時に滑ったり、
転んだりすると結構大怪我に繋がりますが、オフロードでは出せる速度が低いこともあって、
割と大怪我をする危険が少なくバイクをスライドさせたり、
パワースライドさせてコーナリングを楽しんだり出来ます。

私が乗っていたCRMは特に欠点が見つからないですか、
強いて言えば2ストエンジンなので燃費が悪いことです。
現在の各社の新型モデルは全車種4ストロークエンジンになり、
性能も環境に優しくパワフルでCRMより楽しそうなモデルばかりです。
私は主にエンデューロレースが出来るコースが住んでいた近くにありましたので、
そこは一日中安価で走らせてくれるので、
そこによく行っていましたし、近くの山の林道にツーリングにも行きました。
冬のオフロードトレーニングはとてもお薦めです。

crm250r_1989


Posted in バイク | 1989年型CRM250 はコメントを受け付けていません。

バイク王で高額査定を狙うには?

バイク買取店として全国的に有名なバイク王。
独自のネットワークを駆使した販売ルートを持ち、
中古バイクの高価買取を可能にしている業界のフラッグシップ的存在だ。
そんなバイク王で買取査定を依頼したとき高額査定になるのはどんなバイクか?

結論から言えば「市場に出回っている数が少ない人気車種」となる。
例えば現在は製造されていないバイクで今もなお人気があるバイク。
これらは年月を重ねるほど状態の良いバイクが減っていくため、
ちゃんと手入れをされているものなら高額査定が期待できる。
最近は40代など大人になってから昔憧れていたバイクを買う人が急増。
そういった層にも人気があるのが80年代から90年代の絶版車だ。

絶版車とは対照的だが20代の若者に人気なのがビッグスクーター。
こちらも通常のバイクと比べて高額査定になりやすい。
年式が新しく走行距離が少ないものに人気が集まっており、
現行車やひとつ前のモデルであればかなり期待できるだろう。


Posted in バイク | バイク王で高額査定を狙うには? はコメントを受け付けていません。